• artgym

OCHABI デザインアートコース・ロジカルデッサン™授業レポ

更新日:2021年10月4日

このページは御茶の水美術専門学校の社会人・学生対象 OCHABI デザインアートコースの授業レポです。


スプリングセッション第4回目のロジカルデッサン講座は「人を描く」のワーク編です。受講の皆さまお疲れ様でした!骨格をベースにした人体を下敷きにし、服装などを描きました。

いずれの絵もペンで描いてますが、この授業では、黒いサインペン・グレーのペン・鉛筆をお使いいただいています。主にご使用いただくのは黒いサインペン。絵をペンで描くと直せないよ〜、、、と心配される方もいらっしゃるのですが、上から線を足して直していく描き方をお勧めして使っていただいています。

短時間で絵を描く場合、細かい修正を都度直していく描き方ですと、描き終えるのにとても時間がかかるものです。また、上からの直しは思いの外、見る側は気にならないものですし、濃さも一定で安定しています。

総合的にもペンで描くのはとてもおすすめなのです。もちろん授業では鉛筆を使う方もいらっしゃいますし、グレーのペンは影をつけたり、色を塗るのに使ったりします。画材の特性も楽しみながら、絵を楽しんでいただければと思います。(コーチ・末宗)

御茶の水美術専門学校夜間コースの詳細はこちら