logical dessin
 

ロジカルデッサン
(対象年齢:中学生以上)

ロジカルデッサンとは

 

「ロジカルデッサン」とは、絵を描くロジック(道筋)を学び理解しながら描く、全く新しいデッサンの学び方です。例えば、「椅子」をデッサンしようとした時に、多くの人は見たままを模倣しようとします。その結果、奥行きがうまく描けず挫折したり、実物どおりに描けなかったと嘆いた結果、絵を描くことが嫌いになってしまう方が多いようです。
しかし、デッサンには「形」「立体感」「パース」「光と陰」「質感」「色」といった「描くための要素」があることを理解できれば、一つずつ確認しながら描くことができます。
デッサンは理解しながら描けば、誰でも上達することができます。artgymで絵を描くロジックを学びましょう。

デッサンに大切な6つの要素.png
 

月々のテーマについて

モチーフ(題材)を描く時に大切な6つの要素「形」「立体感」「パース」「光と陰」「質感」「色」は月々のテーマとして設定されています。例えば「質感」がテーマの月は、鉄や木材、綿など質感に特徴のあるモチーフが置かれていて、コーチも「質感」について重点的にレクチャーします。そうして6ヶ月で一巡し、6つの要素を学べるプログラムになっています。

 

モチーフについて

アトリエには上記の「月々のテーマ」に合ったモチーフが「初級」「中級」「上級」+「チャレンジモチーフ」+「石膏像」と数種類セッティングされています。担当のコーチと相談してその日描くモチーフを選んでみましょう。基本2時間で描き終えることを想定したモチーフですが、「じっくり描きたい!」という方は午前午後通しで予約を取るのがおすすめです。モチーフの紹介は、前の月にメールマガジンで配信されます。オンラインでも「初級」と「中級」のモチーフを描きます。日よって描くものが決まっているので、事前にモチーフページよりご確認ください。

テーマ「質感」のモチーフ例

2時間のロジカルデッサンタイムスケジュールについて

 
授業開始前

30分前からアトリエに入れます。自分の描きたいモチーフを決めて箱椅子とイーゼルを用意します。​

※コーチと相談してモチーフを選ぶこともできます。​アトリエにいるコーチに相談してみてください。

​授業が始まったら

初めにコーチの紹介とその月のテーマの説明があります。

15分くらいしたらコーチによるレクチャーを行います。​

※アトリエは2部屋がつながっているので、部屋ごとに行うこともあります。

描いている時

レクチャーを受け描いてみましょう。コーチはアトリエ内を回りながら個々にアドバイスを伝えていきます。うまくいかない時はコーチを呼んで聞いてみましょう。

講評

授業終了15~20分くらいになったら、全員の作品を「講評棚」と呼ばれる棚に並べてもらい、コーチが一人一人の作品に対してアドバイスします。人の作品をみながらアドバイスも聞けるので、何倍も参考になった!というご意見を多くいただきます。

授業終了後

講評後だいたい30分はアトリエを使用できます。アドバイスを反映したり、描き足りな​いところを描き加えたりできます。

30分
2時間
30分
 

オンラインについて

ロジカルデッサン(オンライン)では、事前にモチーフの画像をダウンロードしていただき、それを見ながら描いていきます。写真模写ではなく、モチーフの特徴や観察方法をコーチがしっかりレクチャーするので、アトリエでのデッサンと同等の学びが得られます。コーチのデモンストレーションを画面で見れるので、一つ一つのロジックを確認しながら描けることが特徴です。初級と中級が設定してあります。モチーフの詳細はこちらをご覧ください。

授業のイメージ動画

ロジカルデッサン(オンライン)

ロジカルデッサン(オンライン)

動画を再生

授業後に送付されるコーチのポイント解説のPDFイメージ

ピーマンコーチ赤.png

※動画は音が鳴りますのでご注意ください。

受講までの流れはこちらを参照ください。→「初めての方へ」