• artgym

ワークショップレポート

先日水彩で剝製の鳥を描くワークショップを開催しました。今回はカモ、キジ、キジバトを描きました。水彩画で難しいのが水分量です。最初は慣れていないためどうしても水の量が多く、なかなか色を濃くすることができません。どんなタイミングで水の量を変えれば良いのかを重点的にアドバイスしました。最初は皆さん少し苦戦していましたが、最終的に絵としてまとまっており、魅力的な作品ができたと思います。(コーチ:吉田)


その他のワークショップはこちら