遠近法

最終更新: 3月12日

アートジムのレッスンの中で、しばしば「透視図法」(パース)について触れることがあります。1点透視図法、2点透視図法、3点透視図法とありますがそれぞれどのような場面で使うと効果的なのでしょうか?色々な透視図法を学んでみるとパースの使い分けのコツがわかります。

色々な透視図法

1点透視図法

正面からみた構図に奥行きを出したい時に効果的です。室内空間を想定で描く時に便利です。


2点透視図法

ものを斜めからみた構図に効果的です。人が日常的に目にするものに近いので、実際の静物デッサンやマンガの背景などにも使われます。



3点透視図法

大きなものを見上げたり、上から見下ろす構図に効果的です。スケール感が強調されるので、インパクトがあります。