• artgym

OCHABI デザインアートコース・ロジカルデッサン™授業レポ

更新日:2021年10月4日

このページは御茶の水美術専門学校の社会人・学生対象 OCHABI デザインアートコースの授業レポです。


スプリングセッション第5回目のロジカルデッサン講座は「場所を描く」のスタディ編です。受講の皆さまお疲れ様でした!

シンプルな透視図法(=パースとも言います)という技法を使って、絵に奥行きを出すスキルなどを学んでいただきました。パースで絵を描く中で、直線の重要性を感じた方は多かったのではないでしょうか。もちろんまっすぐな線が描けると非常に便利ではありますが、多少線がゆがんだりしても、ちょっと変かな?と気づけさえすれば、修正は可能なので、自信を持って線を引いてくださいね。

その修正のコツですが、絵を少し遠くから眺めてみます。そうすると、歪んでる線に気づきやすくなりますよ。身近な風景や画像などを見て、これは1点透視と2点透視のどっちだろう?というクイズ感覚で技法に慣れていくのもオススメです。(コーチ・末宗)

専門学校夜間コースのサマーセッションは現在お申込み受付中です。

詳細はこちら